FC2ブログ

療育、教育の成果を出すには

どの年代の療育、教育にもいえることです。



「これでもかというくらい、具体的に教えること」

基本のキ。ですね。
そんなこと言われなくてもわかってるよ〜
と言われても、わからない子もいるでしょう。具体的に教えることは一石二鳥ということ。
また、捉え方というのは人間の数だけあります。




「生育歴、家庭環境、親御さんのこと、祖父母のこと、妊娠中の状態、出産時の情報、などをなるべく詳しく知った上で教育すること」

これらの詳細を知らずに教育はできないですよね。
これも基本だと思います。
上辺だけの見たまんまの情報だけで、教育はできないでしょう。だから効果がないんですよ。

また、障害があってもなくても、多くは遺伝が関係しています。
だから、教育しようと思ったら親御さんのことを詳しく知ることも大事です。
子供の困り感や困った行動は、実は親御さん譲り、環境からきていることも詳細を知ることでわかってきます。

全くの突然変異などそうそうありません。

もし親御さんが、
『代理ミュンヒハウゼン症候群』であったらどうしますか? 親御さんの学歴、生育歴とは相反する子供の成長になることでしょう。
誰もが、子供を健全に育てたいなどと思ってませんよね。子供をできるだけ健全に、能力を伸ばしてあげたい。
と全部の親御さんが思っているわけではないですよね。
という現実を、知ること。
理想論が全てではないのです。

子供をどう育てたいと思っているか。ということは、実は千差万別ですよね。その事実をまずは知ることが大事かなと思います。
その証拠に、今も昔もくだらない事件が無くならない。ということですね。



その上で、自分が今、何ができるかを考えること。自分しかできないことを考える。
初めは誰かと被ってても大丈夫です。その気持ちと実際の行動が大事なんです。実際に行動に移す人は少ないですから、まずその時点で群を抜くことになります。

だから、生育歴と親御さんの詳細が必要なんです。




「結婚して子供がいるからといって、その方がIQが平均だとは限らないことを知る」
もっと言うと、じゃあ自分はどのくらいのIQなのかな?
と思いを馳せることも良いですね。


だから、親御さんに合わせた、わかりやすい教育の仕方を教えてあげるんです。
教育のプロでしたら、その方の能力に合わせて課題を出すことくらい、簡単かな…と。


障害があってもなくても、子供が健全に育って色々な能力を上げるには、
くうねるだす、以外にありのままを認めてあげること。
要は自尊心を高めることですが、それが必須ですよね。
じゃないと、お膳立てしても能力は上がりませんから。

ありのままの姿、その子供が心に思っている気持ちをまずは認めた上で、その子供に合った教育をしていくんです。認めた上で、どこから矯正していくか考えていくんです。


こういった記事を書くと、卑下しなくて良い方が卑下し、卑下しないといけないような方がしない。
という現象がおきますね。
修整しないといけないような家庭の方はまず、このブログに辿りつかないとと思いますが。
本当に反省しないといけない人は、辿りついても素通りでしょうしね。

文字だけのコミュニケーションはほとんど成り立たないですから、仕方がないことです。
対面に勝るものはありませんから。
外国語を勉強するのも、そのためですよね。
目の前の外国の方が、自殺しようとしていたらどうしますか?
自分がその国の言葉を話せなければ、相手の話すら理解してあげることもできませんよね。
勉強はそういう人助けのためにするのであって、見栄でするものではないんです。
ここが間違っていると、伸びるものも伸びないんです。
テストなんかはおまけみたいなようなものです。
しかし点数はしっかり取らないといけない現実はありますが。


私は、実名で公開していくことによって、少しでも多くの人が微調整、反省をするなりして、良い方向にいってほしい、幸せになってほしいとの思いで書いています。
子育ても、人間関係も、ほんの少しの差で良くも悪くもなりますから。

だから、子供を自慢するために書いているのではありません。
子供自慢だけがしたいのであれば、文字数、写真もほぼ無制限のブログにする必要はないですよね。
匿名でできるツイッターやインスタグラムなどで十分ですから。
子供の良い所が多くのっているのは、子供にも個人情報保護があるからですよ。
子供に承諾を得て、記事はかいています。
だから制限があります。
私の個人情報などはどうでも良いですけどね(笑)

わざわざ、文字数も写真もほぼ無制限のブログにして、少しでも見やすい、読みやすく、広告もなしにしています。また、みなさんが幸せになってほしいと日々思っております。



また、誰とでも仲良くできない家庭など、放っておけば良いのです。子どもはもともと、誰とでも仲良くする力を持っています。それをつぶすのは周りの大人ですからね。




自我の芽生えと自閉症故の傍若無人

幼児期の自我の芽生えと、自閉症故の傍若無人さとは、別物ですよ。

解釈を間違うと取り返しがつきません。

家庭環境の改善とおすすめDVD

家庭環境が良くなければ、教育以前の問題になってきますよね。


○無条件で子どもが好きと思えるか
条件付きの愛情は、愛情ではないですね。
付加価値がないと、なんにもできない子ども。
と決めつけてしまうということです。
オキシトシンが足りないと難しいとは思いますが、頑張るしかないですね。


○虐待していないか

○何のために結婚して、子どもを産んだのか、作ったのか、きちんと理解しているか
ゆっくり買い物するために、家庭を持ったわけではないですよね。


○会社のように、自分の機嫌によって子どもに接していないか
家族は社員ではない



幼児期のお勧めDVD
幼児期を過ぎても観れますからね。
幼児期しか、興味がない。のではなく、1つの作品にじっくり関わることも、大事だと思います。子どもは大概大人が操作しなくても、何度も観たりやってみたりするものです。

何度も同じことをしているのを、周りの大人がやめさせてしまうから、駄目なんです。


台風の時や、体調が悪いときなど、観ると良いですね。
四六時中外にいないといけないとか、極端な外遊び教育ではなく、なるべく季節に合わせた外遊び中心で規則正しい生活をする。ということです。
私的には考える要素のあるものが好きなのですが、幼児でも難しくないと思います。
映像が流れるだけのもので、深い意味のない映画は嫌いです。

幼児期にどうせ観るなら、きちんとしたものを。と思います。
戦隊モノも物語があって良いですよね。



⭐名探偵コナン
推理や、物語が幼児でも面白いと思います。それぞれの人の感情を理解する勉強にもなります。また、女性に対しての扱い、女性自身の振る舞いが正しいので良い見本になります。


⭐チャーリーとチョコレート工場
ティムバートン監督の映画もお勧めです。下ネタが少ないものを。

⭐アリス系全部
一番面白いのは、「不思議の国のアリス 時間の旅」 と、その前の作品。俳優も一流ですしね。


⭐プチニコラ2作


⭐ジブリ
千と千尋の神隠し
魔女の宅急便
耳をすませば
アリエッティ


コララインとボタンの魔女

ドラえもん
特に昔のドラえもん

トリック(劇場版、映画)



中学生以降

★カイジ(全シリーズ)

★デスノート(全シリーズ)





また思い出したら書きますね🎵



外遊び初心者向け

多くの人は、
「自分が親にされてきたように、生きているだけ」

ですよね。良いとか悪いとかではありません。
よく思い出してみると、1つ1つの行動が親がしてきた行動とにているかと思います。
そしてその行動が、一番正しい、価値があることだと信じていることでしょう。
でも、自分は自分なりに、家庭を作っていきたいな。料理が上手になりたいな。
と思っていたとしても、中々変えることができないかと思います。
きっかけさえあれば出来ることでもありますが。


外遊び初心者向けに書いていきますね。
まずは、自然公園に行くことです。

春、秋の土日は混雑しますから、他人に迷惑がかからないように気をつけます。
庭先や小さな公園で遊ぶよりは、だいぶ広くなるのでそんなに気にしなくて良いと思いますけどね。

また、春、秋の土日でも、10時前だと空いていると思います。
本格的ではないけれど、取りあえず外遊びする。という家庭が、10時すぎに公園にきて、12時くらいまでやんわりと遊び、テントを出したりレジャーシートを敷きだして、お昼を食べ、14時くらいに帰る。
という日程でしょう。子どもじゃなくて、犬を連れてくる家も今は多いでしょうね。

そういう人らを避けて遊ぶ感じがおすすめですが、土日はそうはいきませんからうまく工夫して遊びましょうね。
10時前と、14時過ぎは多くの人がいなくなるでしょうからだいぶ自由に遊べる時間だと思います。
可能であれば、9時~15時とか、9~17時などで遊び込めると良いですね。
最初は1~2時間からで良いと思います。


服や靴を汚したらいけないなどとなるべく言わない。
今は洗濯板ではなく、洗濯機が洗濯してくれますよね。外遊びしていて、服を汚したらいけないとは、どのようにして遊ぶのか知りませんけど、とんでもない助言は要りません。

春や秋に帽子など要りません。リュックもなるべく背負わせないようにして、子どもが五感、手足をフルにつかって過ごせるようにし向けます。

持ち物は、着替え2セット、替えの靴、タオル数枚、薬、お茶、昼ご飯、お菓子。親御さんの気温に応じて調整できる服、食べ物。
1~10歳くらいまでの子どもの着替えなんて、かさばりませんよね。
いちいち家に戻らなくて良いように持って行くのがコツですかね。

四六時中動いてなくても良いですよ。
最初は、何をして良いかわからない子どもだと、ぼおーっとしているかもしれません。
そうしたら、散歩でもしようと誘います。

最初から走り回る子どもであれば、一緒に走り回るか、見守れる範囲の所から、見守ってあげましょう。
走り回るのが楽しそうな子どもであれば、ボールなどはなしで、何日かしばらく外遊びをします。



ズレている指導

ある三重県内の施設で、外遊びの際の熱中症の注意喚起のお知らせがあったようです。

三重県の方は、外遊び嫌いでしたよね?
暑いけど外遊びしましょうね♪

という指導ならわかりますが、外遊びをしないように!との注意喚起って、おかしいなと思いましたが。

今、昼間に誰が外遊びなんてしてますか(笑)
誰もいない公園、誰もいない海。じゃないです?
注意するほど、外遊びなんてしてないですよね。
全体がそうだとは言いませんが、美白の子どもの方が多くないですか。


今は7月にもなれば、35度くらいになるのは予測つきますから、春先からきちんと紫外線に慣れておくのです。じゃないと、急に夏日に外遊びをしても、熱中症になるかすぐに体力がなくなって遊べなくなるだけです。

外遊びもろくにしないで、夏に熱中症になるのは当然でしょう。

声かけ(アドバイス)を工夫する 2

学会ネタで書きます。
嫌いな人は見ないでね。


未来部の指針の最後は、
「親孝行をしよう」
ですね。

これは、親が言うから、反発になるんですよ。

「同居している親、実の親が言うから揉めるのであって、これを言えるのは、同じ家に住んでいない赤の他人」

という事がポイントだと思います。

今は虐待も流行っていますし、社会不安、離婚増、嘘やまやかし色々あります。その中で子供らも疲弊しているんですよ。
疲弊しきっているわけではないでしょうが、健全に育つのも一苦労ですよね。
どの時代でも悩みはあったでしょうけど。

完璧な子育てなどないでしょうが、完璧を目指すことはできますよね。
目指しもせずに、、、という所を子どもはよく見ているんです。
だから、目指しもせずに何が親孝行だ。
となるんです。

私でしたら、
「あっっ!この指針の7番目はいらんわ。だって、もうしてるもんね」

と言います。


特に謝らない親などは嫌われますよね。謝ってばかりではいけませんよ。威厳も必要です。それと、間違ったことは間違っていたと認める心が必要なんです。そのバランスが大事なんです。
威厳を振りかざすというか、言うことを聞かせたいのであれば、幼児期に外遊びを2時間は一緒にすること、自分が言いたいことは1割以下にして子どもの話を1時間くらいきくこと。このようなことをしてないと無理ですよ。
幼児期にできなかったのであれば、今からでもしてくださいね。




それから子どもに体験を話す時も、その子が興味があるようなことを選んで話します。
長男が低学年、次男が4~5歳の頃、宇宙飛行士の体験を話しましたら、衝撃だったようでした。
三男はまだわからない年齢だったので、話しませんでして、三男にはいつ話したか忘れてしまいました。

先日新聞にもあった、インドの創価女子大学では生徒が1800人ほど居る中、学会員は2人だそうですね。
そのことを次男に言いましたら、驚いていました。
次男も中2ですから、ぷち反抗のような時もあります。
それでもびっくりするような記事があるときは、しっかり話します。

これはある程度会合に参加したり、活動してないと中学生では理解できないかもしれません。
逆に早いうちに病気などで体験を持っていたり、信心強情であれば、小学生でも理解できますよ。


あとは、たまに戦争体験が載ってきますよね。
その方たちは、子供らが大きくなる頃にはどんどん亡くなっていきますよね。
その記事は載るたびに切り取ってまとめてあります。
20歳以上になったときに、まとめて渡そうと思っています。
今も読みますが、その子どもによるかもしれませんが、まだダイレクトには伝わってこないようです。
忘れたらいけないことですしね。

声かけ(アドバイス)を工夫する


子どもに対して声をかける時、工夫をしていきます。
多くの方が、良かれと思ってやっていることでしょうが、それは千差万別ですよね。
多くは、その方の、「思いこんでいる主観、常識」越しにものを考えて言葉にしているだけなのですから。

自分が正しい、常識だと思っていることでも、違う側面から見たら間違っていること、非常識。になることだってありますよね。
傷つくこともあるでしょう。
ほめ言葉にも、工夫が要るんです。

私でもそうですが、工夫するように気をつけています。


たとえば、次男に対してでしたら、
「あなたが名古屋に転校したとしたら、20番くらいに下がるだろうね。東京大阪だったら40~50番くらいに下がるだろうね。」

と、具体的に教えるんです。
年齢と理解度を考慮しながら、今わからないであろう周りの状況ですね。
東京大阪、名古屋がどのくらいのレベルなのか、大人でしたら大概は想像つくと思います。
井の中の蛙ではなくても、現実を知ることは大事だと思いますよ。

可もなく不可もなく、返答します(笑)


かたや長男の場合、順位が良くて良かったね、といえば、
「どうせ○○高校やしな」

と自尊心低すぎな返答をします。今流行の高校生ですね
こういう子にはお分かりのように、自分なりに向上していけば良い。ということを滾々と言います。
その人にしかできないことは、ありますからね。


次は学会ネタで書いていきます。







子どもが自ら楽しく学ぶ子になるには

幼児期からの育ちが大切なのは言うまでもありませんが、書いていきますね。
幼児期はきちんと自然が沢山ある場所で最低週に3~4回一日3時間は外遊びをし、その子に合った忙しくない日程で規則正しい生活をした上ですけどね。


「勉強が始まってから、(入学後など)すべてのテスト、小テスト、作文、作品を捨てずに、きちんと保管しておく」

ことです😆💕💕


綺麗に整理しておけば、子ども一人や二人でしたらそんなに大した量ではないと思いますよ。
クローゼットの奥にしまうのではなく、すぐ見れる所に仕舞うんです。
すぐ見れる所には、1~2年分を仕舞っておきます。
それより古いものは、作品とテストに分けて、作品は時を見て部屋の飾りにしたりします📅
古いプリント類は、親御さんが部屋の整理整頓とかする際に、わざわざ見せる機会を作って見せてあげると良いです。

1~2年以内のものは、半年くらい経ったときに、一緒に見返すと良いですね。子どもに、プリント類はここに仕舞ってね。と言っておけば自分で見返したりしていますしね。
子ども自身もこれだけ頑張ったんだな😉とか、へたくそな字だったんだなとか、色々思い出されます✨✨

自分が頑張ったものを、大切にとっておいてくれることも子どもにとっては嬉しいようです。嬉しいというとは限りませんよ。そして、子ども自身が全部とっておいて!と言うとも限らない。

自分が残した証を大切にとってくれていて、たまにそれについて話題にもしてくれる。だから更に頑張ろうという気持ちになっていくようです。
立身出世のためだけや、利害関係のために頑張る子。ではなく、純粋に頑張れる子になるかなと思っています。

よい作品だけ残すのは誰でもしますよね。そうじゃなくて、漢字10問テストやちょっとした作文も、残しておくんです。


ちなみにうちの失敗例を。
長男が低学年のころ、家でさせていたプリント類がたまっていくのでたまってから目の前で捨てはしませんが、捨てていたんです。
いつか、「どうせ捨てるんでしょ」
と疲れたように言っていました。
簡単なテストでも、本人にとっては一生懸命なんですよね。


次男のときも、小学生の頃たまるプリントをまとめて捨てたことがあります。
そうしたら、「○○のプリントどこやった??(残しておくんだけど!)」

と探していました。捨てたとはいえなかったので、探すふりをして誤魔化して過ごしましたが多分もうバレています💧



気がついたら、ぐじぐじ悔やむだけではなく同じ失敗を繰り返さないことですよね。
気がついたら、責任転嫁をせずに直す努力をすること。
こういう努力が必要なんだと思います。

子どもが居るということはある程度歳を重ねていますから、歳をとってこれができないと、本当にカッコ悪いですよね。このブログを読んでくださっている方はそんな人いませんけどね😘💞💞


楽しい子育てか、苦行か

地域差もありますが、こちらでは子育てを
やっかい事
大変なこと
一緒に居たくない
夏休みは最悪
同姓の子どもはいらない
外遊びなんて最悪


などと簡単に言ってしまう特性があるようですね
おまけに公園も少ないですし、支援センターも少ない。そりゃあ子育てをやっかいなものと捉える風潮があったらそうなりますね。

私は岐阜ですが、岐阜でも少しは言いますね
しかし、こちらほどではない気がします。
同じように事件もどこでもあると思うのですが、数が違うんじゃないかとも感じています。

子育ても挨拶も小中学生から上手な地域と、なぜこうも違うのか考えてみました
福島では、小中学生から子守が上手なんですよ。仙台でもそうでした。(仙台はばらつきがありました。都会だという自負で都会っぽさを醸し出している人は子育てはうまくなかったです)
絶対に、上記のような言葉は言わない感じです。

子育て専門家が、叱らない子育てをしましょう~と、
無謀なアドバイスもしません(笑)
叱らない子育ては、ママさんに大きな負担を強いるだけのアドバイスで、間違いだと私は思います。

こちらの新米ママより上手かもしれません。私も、きちんと挨拶も出来る、近所の中学生に長男が2歳のころ、
「遊びにつれていっていいですか?」

といわれたときは驚きました。それまでは岐阜の子育てしか、知りませんでしたから。

まあ、うまいです。笑
私なんかより中学校のお姉さんの方が上手に遊んでいました…

子育てがうまい人が多い地域というのは、そういう伝承があるんじゃないかなと気づきました。
先祖代々から、
「子供と一緒にいたくないとか、同姓3人もいらない」
などと存在を否定するような言葉を簡単に言わない。
ということ。


ある言葉を借りて説明しますと、

「餓鬼は恒河を火と見る・人は水と見・天人は甘露と見る、水は一なれども果報にしたがつて見るところ各別なり」

これは、鬼さんは大きな川を火のように怖いものだと思いこむ
人間は、普通に水とみている。
天女さんは甘いジュースのように豊潤なものだと思う

というような意味です。
これと同じかな。と思いました。

三重では、全体ではないけれど子育てを「暗黒」のようなイメージで捉えてしまう。
福島では、「大変だけど恩返しもある、ハピネスな期間限定な子育て」

と、見る人によって全然違ったものに捉える心なのかなと。

しかし、渦中にいるママさんみんながまずい子育てをしているわけではありませんよね。伝承のせいでつまらん子育てになってしまっているんです。
まずいのは、地域の伝承なんだと思います。
それをママさん自身が、客観的に見て、どのようにどこが間違っているのかを知ることで、ハピネスな良い子育てになっていくと思います。
受け継がれていることを意識的に客観的にみるのは、教えられればわかりますよね。
しかし、どこが間違っていてこれがいいんじゃないかなと細かく査定し、自分は間違った子育てはしない!と断ち切ることは結構難しいかと思います。

細胞1つ1つに染み込んでしまってますからね。

祖父母にべったりな家庭だと、余計改心することは難しいですよね。改心できない環境といいますか。
だから、やはり県内にずっと居るとしても、適度に親離れ子離れしてしっかり新米ママさんに子育てをさせる厳しさも必要なんです。

もうされている方は簡単
福島がお勧めですが、福島ママさんのブログを読んでみるとか、あとは思いつきませんが笑 良い案があったらまた書きます。

自分の視点と、福島ママ、東北、東京辺りの東北出身ママさんの視点の違いを探すんです。
全国で、夏休みは家にいてほしくない。とは言いませんよ。そして母乳あげたくないとか夜寝れないのが嫌。などとも言いません。

子どもがどう育っているか、挨拶をするのは当然でしょうし外遊びをするのも当たり前でしょう。
そういうことを見てみるんです。

伝承を変えていくのは簡単ではありませんが、一緒にやってみましょうね。

正解な子育てをするためではなく、オール5をとるためではなく(できればオール5がいいな~)、次の世代に送るためです。たった一人が頑張ることで、ひいては色々な事件の回避にも繋がります。



外遊びの時間と優秀な人材に近づくことは比例している

外遊びの時間と、自閉症の症状が取れていき、知的障害であっても知能が伸びていくこと、これは比例します。

また、年齢が低ければ低いほど、比例していきます。

長時間の外遊びは、よっぽど頭を使い、子どもがかわいいと思わなければ慣れるまではきつい時間になります。
なぜかというと、自分の子供を育てるのは、当たり前と認識されているからです。

しっかり育てて当たり前。という風潮なのです。

だから、給料もでませんし、ボーナスもでません。当たり前ですがあえてかいています笑

だから、つまらないと思ってしまう人が出てくるんです。そこにあるもの。に価値を見いだせない人は特にそうですね。
そして、無駄な時間だと勘違いしてしまいます。無駄な時間だと、父親が言ってしまう家もあるかと思います。最悪。
今、瞬間瞬間をしっかり生きている人は、そんな風には思わないと思います。

完全母乳育児も必要です。
母乳90%を卒乳まであげている母親は、その子どものことが想像よりはるかに、愛おしいと思えます。

ミルク育児では考えられないくらいの差です。

誰でも食わせて寝せれば大きくなりますよ。どのように大きくなるかは知りませんが。

母性ははじめからあるのではなく、育むものです。こういったことも、よく言われていますよね。しっかりと受け止めるのです。

母乳で育てていると、子どもとの時間は無駄だとはあまり感じないと思いますしね。


外遊びは、気温や季節で、できることが変わってきますよね。だから、季節に合わせて外遊びを工夫していくのです。

さくらいちご教室ご案内

さくらいちご教育を始めようとされている方へ

有料ブログ♪

外遊びの効果的な療育がかかれています。

♪自己紹介♪

さくらいちご教室のお問い合わせ

・メールに、電話番号、住所、お名前、お子さんの年齢、主訴をお書きください。折り返しご連絡いたします。 sakuraicigo01@gmail.com

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
21位
アクセスランキングを見る>>

記事一覧

イラスト無料素材

カウンター

アクセスカウンター