FC2ブログ

遺伝による発達障がいと、環境性による発達障がいって同じなの?

題名の通り、遺伝性による発達障がいと、外的環境からの発達障がいは、症状としては似ていますし、診断名も同じになってしまうでしょうが、根本的に違うかなと思っています。

と言えども、赤裸々にはかけませんね・・・

外的環境とは、
・両親の年齢
・外的環境
・後天的なな傷による脳の損傷
などなどですね。


また、外的要因で、「アスペルガー症候群である」というパターンはほぼないかなと思います。
これ以上はかけません。

遺伝性の場合、生きる事自体がいっぱいいっぱいですので、発達障がいであり、なおかつ親になっているということ自体奇跡でもありますね。(良い意味でです)
親になった時に問題が発生する場合も多々ありますが。

しかし大半は、しっかり子育てしている場合が多いかなという印象です。
やはり、「自分が苦労したから、子どもにはしっかり育ってほしい」という思いが強いのでしょうね。

問題が重大化するのは、「第四の発達障がい」ではないかなと危惧します。
健常児しか育てていないと、子育てを甘く見るようになりますしね。
健常でも、障がいでも、子育ては甘くないです。

食わせて寝せれば体は大きくはなりますね。では心は?






関連記事

療育しないで大人になるとどうなる・・・?お笑いネタ

関連記事
社会性が著しく低い状態 4


結婚や子育ての時期に、問題が発生しやすいです。
イケメンを目の前にしても、目を合わせられません笑 見たいのだけど、見れないという感覚でしょうか。
ブサメンでも、違う意味で合わせない。
目は基本的に嫌いです。


症状は人それぞれですが、「物事の中身・本質」を知りたい欲求が強いままで、社会との折り合いをつけるのにもストレスがかかる。
「ものごとの本質・中身を知りたい」
この欲求は大半の自閉圏内の子はもっている典型症状でしょうね。

まさか、「どうなっているか、知りたいんだ~」
などとわかりやすく言いませんよ。周りの大人がどう気づくかですね。

健常の世界というのは、「嘘・見栄・体裁」で塗り固められていますから、それについていくのがしんどいのです。
正直に生きたいというのは常に思うことでしょう。

でもこれも、幼児期の教育により、自分の要求と社会との折り合いのつけ方をストレスなく学ぶことができるようになります。








関連記事

発達障がいでも症状は色々 支援・教育すら受けれない子が多い

特にアスペルガー関係は、支援・教育を受けられる所がないようですね。
大都市ではだいぶ早い時期に診断がおりるようですが、この辺りでは就学してからも危ういですよね。

診断がおりるということは、「教育を堂々と受けれる」
ということなんです。保護者支援においてもそうですよね。
保護者は野放しにされずに済むわけです。

高機能自閉症・アスペルガー症候群である子は、ほぼ遺伝の割合が大きいと思います。
だから、親御さんやその親御さんもずっと前から、大変な環境であるということで、保護者がしっかりしていればしっかりと育つのですがそうでない場合、(得意分野が教えること以外・適応しきれないなど・そもそも発達障がいと自覚していない場合)その子どもは”苦労”だけが思い出となったりします。

料理もそうですが、子育てというのは待ったなしですね。
その都度臨機応変に対応していく、かなり難しい箇所なんです。

社会性が未熟であるので、恋愛や結婚で相手を選び損ねたりもします。
あとから気づいても遅いのです。


生きていて良かったと、大変な遺伝子を持っていても、言えるようにしてあげたいですね。







関連記事

コミュニケーション不足は精神を病む・誤解を生む

スーパーにて子どもの同級生に会いました。
よく、「○○君のママキレイ♥」
と言ってくれる子だったので名前は忘れましたが知っていました。

その子が、お母さんのところに私がいたよ~~と伝えに行ったのでしょう。
私も挨拶しようかな・・・と思っていたら・・・

ふりむきもしない

そっちの方がスゴイ

スゴイ・・・すごすぎる・・・
この地域の子どもが草食絶食になるわけだ。
子ども時代は積極的にコミュニケーションを取れる子だったとしても、周りの大人と同じ行動をするようになります。
子どもは産むだけではないのです。








関連記事

そこにある幸せを大切にすること

どんな心境かはわかりませんが、トンデモな検索がありました。

「三男 育てる意欲がない」

ただこういったブログを検索しているだけだったら良いのですが・・・

男の子3人続いたのが嫌な方だったらと思うと・・・
なめたこと言ってる場合じゃないですね

子どもができない人も居るのに、できたこと自体にまず幸せを感じ、感謝することですよね。
親がこういったことを少しでも思っていると、その子供は精神がゆがみますね。
目には見えませんが、ゆがみます。

副産物は、IQが下がります。

親に、そんなことを思われて、自分だったらどう思います?
当たり前の事ですよね。違いますか?

男の子がああだ、女の子がああだとつべこべ言っている場合ではありません。
下らない会話をする、友達と付き合わないことです。人は人に影響されます。

自分で見聞きもしてないことを、事実としてしまうような、下らないメディアを鵜呑みにしてしまうような短絡的な友達に影響されない自分になること。

子育てという、素晴らしい仕事ができている現状をまずは感謝するべきですよね。



関連記事

さくらいちご教室ご案内

さくらいちご教育を始めようとされている方へ

有料ブログ♪

外遊びの効果的な療育がかかれています。

♪自己紹介♪

さくらいちご教室のお問い合わせ

・メールに、電話番号、住所、お名前、お子さんの年齢、主訴をお書きください。折り返しご連絡いたします。 sakuraicigo01@gmail.com

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
21位
アクセスランキングを見る>>

記事一覧

イラスト無料素材

カウンター

アクセスカウンター