FC2ブログ

好評だった記事

好評だった過去記事を載せますね。


コピペです。


「付き合っていた期間に関わらず、「彼には本気で愛されていた。」と言い切れる経験を持つ女性は、強い。
それが例え、いまは連絡さえ取らない関係だとしても。
“元恋人”という、守護神について

本当に自分のことを大事に思ってくれている人が、どんな眼差しで自分を見つめるかを知っている。
どんな言葉をかけて、どんなふうに触れるのかを、知っている。
それはデートのエスコートやセックス、女性を喜ばせるスキルとは関係がない。誠実さというものは、無意識レベルの言動にこそ表れるものだから。優しい言葉をかけても、ハイセンスなプレゼントを贈っても、自分へのまっすぐな愛情がなければ、気づいてしまう。

“愛されたことのある女性”を前に、小手先のやりとりは通用しないものだ。


ディナーに連れ出した目の前の男性が、カラダを目的としているかそうでないか、なんてすぐにわかる。守護神と付き合っていたのがずっと前で、もう当時の記憶をハッキリ思い出すことができないとしても、無意識レベルのセンサーの感度は上がっている。
ひたむきな愛情が、未来に残すものは多い


本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
そんな2人でも別れるというのだから、恋愛は難しいけれど、一緒に過ごした時間が、意味のない結末を生むことは絶対にないだろう。
大切な人に、見返りを求めずただひたすら誠実であるということは、その人の未来にまで愛を贈るということだ。
それができる人は、愛した人に何度も傷つけられて、愛した人を何度も傷つけて、それでも恋を信じて飛び込んで、学んできたからなのだと思う。」




関連記事

子育てが下手くそ

三重県のお医者に、

「知的障害で自閉度も重い。体外受精してても、次の子どもを作り、その子に知的障害の子の面倒をみさせること」

などと明治時代のようなことを言われて大変ショックを受けられております。検診ではありません。風邪で伺ったそうです。
訊いてねえし?

パワハラモラハラバカ満載です。


私の祖母が明治45年生まれです。関係ねえ?



幼児期の診断は、慎重にしないとプロでも間違いますし、教育をしている子は診断名がすぐに変わってきます。
そして点数で見えない時期なので、間違われやすいです。
自閉症を持っていると、幼児期はIQ50~60とでます。

お分かりのように皆、視覚過敏なんですよ。点数で見えないと不安で仕方ない。下手くそだと、その子の一面だけを見て早計に判断する。そういう所も子育てがへたくそな特徴なんです。

お前が感覚統合しろよ?

と言われても仕方がないですねえー。

待つ。子育てができない。早計ばか。


言われやすい人とそうでない人が居るのは事実ですが、それにしてもおかしいです。

愚痴や文句はどんどん私に言って良いですから、絶対にためないでくださいね( `ー´)ノ





関連記事

やらないから、できない。という考えは通用しない

また教育論を書かないといけませんね。
筆が進まずすみません。一番身近な人が良くなってくれるのが一番の楽しみで癒しですから。
大衆に向けての療育と個人情報暴露は後回しになってしまいます。
ファンも多いことでしょうからね (多くねえし!)


やらないから、できない。
色んな意味で使うと思うのですが。

色んな意味で、やってもできる人と中々できない人、居ますよ。
まずはそれを認めるんです。 認めるとは諦めることとは違います。

「人」 と書いた意味はわかりますか? 
子どもって伸びしろが大きいんです。しかし大人に近づくにつれて、習得には時間がかかります。

本人が変えたいと思わない限り、または命の危機でもない限り、できるようにはなりません。

例えば同じ勉強をしても、60分やって100点が取れる子、180分やって100点が取れる子など、色々いるんです。
そしてその種類が決定するのは、親の遺伝というよりも、幼児期の育ちが大きく左右すると思っています。



今日も懇談で先生方とお話しした中で、「目的がないと頑張れない云々」
という話題になりました。

危機と同じようなことですね。

疲れたので近いうち続きを書いていきますね。
関連記事

東海総体 2018




お疲れ~
長男の学校は予算が下りなかったようで泊まりではありませんでした 仕方ないですね(;'∀')
ご飯やジュース代などは先生らが出してくれたようです。
おそらくポケットマネーっぽいですが…  感謝感謝ですね。
私もポケットマネーで何かしたことあるかな??
何にもしてねぇー


三重は遅いと陰口言われながらも、健闘していました。盛り上がりが全然違うので、やはり大きな大会は良いですね。
来年はリレーで出れると良いです。来年は一人玄人が入る予定なので、あと一人玄人の子入ってください






20180721202108.jpg

三重県選手権でも、決勝に出れたそうです。
主語がない会話で、見にいけませんでした

「今日は行けないわ」 (決勝出れないの今の時点で解ってるんだよね)

(決勝でれそうだけど) 「わかった」



「決勝でれたの??なんで知らせなかったの??」

「行けないって言ってたやん~」


 優先順位の疎通ができてないことと主語がない会話で名前の写真しかない(笑)
 
まあ、いちいち自分の希望通りの返答がないと怒り狂う人よりはましですが。
普通の高校生よりは反抗もないですからね。






関連記事

やらないから、できない。という考えは通用しない

続きです。


家庭によって色々考えはありますね。

大学に行ってほしくないから、勉強って嫌だよね。
と刷り込むおうちもあるでしょうし、子どものお給料を早々にあてにしているおうちもあることでしょう。
子どもが親を養って当たり前というおうちもあるかもしれません。


または、○○さえできていれば良い。とか、スポーツオンリーでOKとかのおうちもあるでしょう。

個人の自由を逆手にとって、平気で平日に休み、家族旅行にいくというおうちもあるでしょう。

子どもを尊重することなく、自分と同等に良いと言われる高校大学に、意地でも入ってほしい、体裁が気になるおうちもあることでしょう。


テストの点数をあげたい家ばかりではないということですが、このブログにたどり着いている方は上記のような家庭ではないでしょうからね。


また続きを書いていきますね。




関連記事

さくらいちご教室ご案内

さくらいちご教育を始めようとされている方へ

有料ブログ♪

外遊びの効果的な療育がかかれています。

♪自己紹介♪

さくらいちご教室のお問い合わせ

・メールに、電話番号、住所、お名前、お子さんの年齢、主訴をお書きください。折り返しご連絡いたします。 sakuraicigo01@gmail.com

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
180位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
21位
アクセスランキングを見る>>

記事一覧

イラスト無料素材

カウンター

アクセスカウンター