FC2ブログ

何もない所で遊べる子どもに誘導するのも難しい 3

「公園」にはまあ、親子連れが集まりますよね。
(当たり前か

公園にこれば、子どもは自由に思う存分遊べるかと言えば、どう思います?

残念ながらその公園の法則=雰囲気というものに、のまれてしまうという事が起きています。
公園や地域、県により遊び方は違います。
その公園では、「泥遊びなんてしない」
という法則(雰囲気)があれば、しない人が多くなります。


少数派のどろんこ遊びをしたい派は、すみに追いやられてしまいます。
それでも気にせずに遊べる親御さんはまあ、とても優秀だと思います。
しかし、私でもそれはできません
なぜかというと、子どもの遊びの成果(言い方が悪いですが)、成長ぶりとでもいうのか、沢山遊んでいつそれが世間に認められるかと言えば、就学後~高学年あたりしかないからです。

なので遊びが乏しい人たちは、子どもの目に見える部分でしか評価しないので少数派は、何かと的にされがちです。
気にしなくて良いのですが、子どもの遊びを豊かにしていきながらも孤立しない子育てが必要な地域もありますね。

小学校のクラスが何クラスもあるような大都市であれば子どもがどんな風に遊ぼうが、すぐに忘れてしまうしそんなに合わせなくても支障はないでしょう。

子どもの遊びも、地域性があるのです。
のまれてしまってはいけないですし、気にしすぎもいけない、とにかく工夫が必要です。
関連記事

コメント

非公開コメント

さくらいちご教室ご案内

さくらいちご教育を始めようとされている方へ

有料ブログ♪

外遊びの効果的な療育がかかれています。

♪自己紹介♪

さくらいちご教室のお問い合わせ

・メールに、電話番号、住所、お名前、お子さんの年齢、主訴をお書きください。折り返しご連絡いたします。 sakuraicigo01@gmail.com

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
18位
アクセスランキングを見る>>

記事一覧

イラスト無料素材

カウンター

アクセスカウンター