FC2ブログ

人ごみにいるときの幼児は落ち着きがなくなる

外遊びと一口で言っても、色々ありますね。
ママ友と一緒でないと、できない人やその他色々・・・。

大きな特徴が、ところ狭しと遊具がたくさんあり、人ごみの中遊んでいるときの子どもは、落ち着きがなくなりがちです。
逆に、広い自然公園などで遊んでいる子どもは、1つのことにじっくり取り組む姿が見られ、落ち着きがある、集中している印象があります。その後の遊びにも、落ち着きが見られます。

最近できたような遊具って、ルールの看板がいくつもあり、決められた使い方しかできなくなっていたり、そんなに難しくないものが多いです。そんなに、運動能力も、いらないということです。
一昔の公園って、注意書きの看板なんて、なかったですよね。それに、難しい遊具もたくさんありました。

今はそれが当たり前なので、ルールに縛られていて外に連れて行っても運動神経もよくならない・・・ことが多いです。

なのでこのあたりではゆめくじらにも教室の子は連れてかないですし、遊具がたくさんある公園は出来るだけ人が少なそうな時にしかいきません。

これは地域差があるので、この記事は四日市周辺向けです。


連れて行ったから、子どもが笑顔満載でいるわけでもなく、すぐに遊び上手になるわけでもありません。

子どもが始終笑顔でいることが、大切でもありません。

子どもの遊びに、嫌々親御さんがつきそうことは一番子どもの能力が下がる行為です。

またまとまったら言語にしていきます。





関連記事

コメント

非公開コメント

さくらいちご教室ご案内

さくらいちご教育を始めようとされている方へ

有料ブログ♪

外遊びの効果的な療育がかかれています。

♪自己紹介♪

さくらいちご教室のお問い合わせ

・メールに、電話番号、住所、お名前、お子さんの年齢、主訴をお書きください。折り返しご連絡いたします。 sakuraicigo01@gmail.com

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
育児
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
育児ノウハウ
18位
アクセスランキングを見る>>

記事一覧

イラスト無料素材

カウンター

アクセスカウンター